メニューを開く

ここのえ日和

スタッフブログ ここのえ日和

お土産おすすめ

2017.4.19
こんにちは。客室係の松浦です。 舘山寺は桜の花もすっかり散って、ここ2~3日は暑さを感じる日もあるほどの陽気です。

さて...日々お客様をお迎えしている私達ですが、時々お客様から
「おすすめのお土産って何ですか?」
と訊かれる事がございます。

浜松のお土産...と言いますと「うなぎパイ」が代表されますが、今回はこの場をお借りしまして、私の(個人的な見解で)オススメのお菓子をご紹介します。

まるたやの「あげ潮」です。


「あげ潮」...この商品名...加えてこのパッケージ...。
ハッキリ申し上げて...「華」が無い...。

「どう!?美味しそうでしょ!?」
「買ってって!買ってって!」
...って媚びが1ミリも感じられません。逆に心配になるくらいです。

「あげ潮」このネーミングから、遠州灘で獲れた魚介類を配合したしょっぱい系のせんべいかと思ってしまいがちですが、実はコレ洋菓子。クッキーなんです。

私事ですが...私の生まれ育った所は静岡県中部地方。SLの走る大井川鉄道のある茶処でして...。
西部地方でおる浜松には知り合いすらおらず、ましてや「うなぎパイ」以外の浜松銘菓などさっぱり知らなかったぺーぺーの浜松市民なのでございます。
それがここ九重の客室係の先輩が「私、これ一番好き♡」と言っていたので(九重にいるのだから浜松の事も勉強しなきゃな...)と試しに小さいの(50g270円)を買ってみたんですが...

「うンまっ!!」

そしてサクサク、軽~い食感!!これフルーツ入ってる!?
レーズンとくるみとオレンジ、コーンフレークも入ってますよ!!
まるで欧米のママの手作りクッキーかと思う程のおしゃれで優しい味わいなんです。
50gなんてペロリ。もっとクレ!!です。

「あげ潮」の事を調べましたら、まるたやは創業は昭和24年の洋菓子店。
創業者である秋田一雄氏が東京銀座で食したシュークリームに感銘を受け、洋菓子の美味しさを地元、浜松市民にも伝えたくて兄弟で力を合わせて作ったのが「あげ潮」だそうで浜松市民にはかなり馴染みのお菓子なのでした。

お味はもちろん、バックステージ的にも、浜松土産に超!超!おすすめできる浜松銘菓でございます。

小袋包装の物もございますから、たくさんの方に分けるお土産としても最適ですよ!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Six Apart 絵文字 (Six Apart, Ltd.) / CC BY 2.1
ベストレート宣言 公式ホームページが最安値ベストレート宣言 公式ホームページが最安値
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このページの先頭へ