メニューを開く

周辺観光

ホテル九重トップ > 周辺観光 > 大河ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台を巡る

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台を巡る

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の舞台、浜松市へようこそ!
平成29年大河ドラマ「おんな城主 直虎」は、ここ浜松が舞台!
主人公の井伊直虎は浜松の北部 井伊谷に生まれ、戦国の苦難を生き抜き後世の井伊家の発展をもたらしました。
井伊家の歴史をたどる小旅行をしてみませんか。

堀江城跡

堀江城奥御殿の鬼瓦(ホテル玄関)

斯波・今川・徳川の争いの舞台となった堀江城は、現在のホテル九重や遊園地「浜名湖パルパル」のあたりにあったとされています。
残念ながらお城は残っていませんが、ホテル九重の玄関先には、堀江城奥御殿の鬼瓦2枚が飾ってあります。
 

井伊谷周辺

龍潭寺りょうたんじ(ホテルよりお車で約20分)

井伊家の菩提寺。直虎の位牌、文書などを保管しているほか、境内には井伊氏歴代墓所があり、直虎も祀られています。
また、国の名勝記念物に指定された小堀遠州作の庭園や、左甚五郎の龍の彫刻、鶯張りの廊下など、数々の文化財を有します。
さらに境内には豊かな自然が見られ、四季折々の花々が楽しめるなど、歴史、文化、自然と数多くの見どころがあります。

 
住所 浜松市北区引佐町井伊谷1989
TEL 053-542-0480
時間 9:00~16:30(17:00閉門)
料金 大人(高校生以上)500円、小人(小・中学生)200円

龍潭寺ホームページはこちら

井伊谷宮いいのやぐう(ホテルよりお車で約20分)

後醍醐天皇の皇子宗良親王を御祭神に1872年に造営されたお宮です。
南北朝時代、井伊氏は親王を井伊城にお迎えし、北朝軍と戦っています。

 
住所 浜松市北区引佐町井伊谷1991-1
TEL 053-542-0355

井伊谷宮ホームページはこちら

天白磐座遺跡てんぱくいわくらいせき(ホテルよりお車で約25分)

高さ7mに及ぶ最大の磐座の西壁直下は、古墳時代の祭祀場。日常の安寧と豊穣、子孫繁栄を願い、巨岩の前で儀式が執り行われていたと言われています。
<大河ドラマでもおとわ・亀之丞・鶴丸の3人が楽しそうに遊ぶシーンで登場しました>

 
住所 浜松市北区引佐町井伊谷

渭伊いい神社(ホテルよりお車で約25分)

南北兵乱のとき龍潭寺の境内から現在地へ移ったと言われています。井戸や井水を祭祀対象とした神社で井伊氏の発祥とともに氏神になりました。

 
住所 浜松市北区引佐町井伊谷1150

 

井殿の塚いどののつか(ホテルよりお車で約25分)

天文13年(1544年)、謀反の疑いをかけられ、駿河で今川義元に討ち取られた井伊直満と弟直義の墓所。幕末に井伊直弼が石垣等を寄進したと伝えられています。

 
住所 浜松市北区引佐町井伊谷603-4

 

共保公ともやすこう出生の井戸(ホテルよりお車で約20分)

龍潭寺の南側の田園の中に位置する白壁に囲まれた井戸。寛弘7年(1010年)に井伊氏初代の共保が誕生したと言われています。

 
住所 浜松市北区引佐町井伊谷603-4

 

小野政次ゆかりの地

蟹淵がにぶち(ホテルよりお車で約30分)

この蟹淵で小野但馬守政次が処刑されたと言われています。
 
住所 浜松市北区引佐町井伊谷260
アクセス 遠州鉄道バス伊平線「上町かみまち」バス停より徒歩約3分
浜松市地域遺産センターの無料駐車場より徒歩約15分

小野但馬守政次 終焉の地(ホテルよりお車で約30分)

写真真ん中の白く大きな石が“小野但馬守政次”を示し、小さな二つの石は共に処刑された息子たちと伝えられています。
(大河ドラマとは異なり、史実では実子が2人いたようです。また罪人であった為、お墓は建てられなかったとのことです。)
 
住所 浜松市北区引佐町井伊谷256
アクセス 遠州鉄道バス伊平線「上町かみまち」バス停より徒歩約3分
浜松市地域遺産センターの無料駐車場より徒歩約10分

徳川家康ゆかりの地

浜松城(ホテルよりお車で約40分)

直虎が後見人として育てた井伊直政は、徳川家康に仕え「徳川四天王」の一人になったとされています。
徳川家康が天下統一を果たした後、歴代城主の多くが後に江戸幕府の重要な地位に出世したことから、「出世城」とも呼ばれた縁起の良いお城。天守閣から浜松が一望!

 
住所 浜松市中区元城町100-2
TEL 053-453-3872
時間 8:30~16:30(入場は10分前まで)
料金 大人(高校生以上)200円、小人(中学生以下)無料
 ※30名以上の団体割引あり

浜松城ホームページはこちら
ベストレート宣言 公式ホームページが最安値ベストレート宣言 公式ホームページが最安値
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このページの先頭へ