メニューを開く

天然温泉

ホテル九重トップ > 天然温泉 > 遠州絵巻の湯

遠州絵巻の湯

天然温泉 遠州絵巻の湯

広重のガラス絵と浜名湖の絶景。江戸情緒が漂う大浴場。

広重の浮世絵の世界を繊細優美なガラス絵で表現した、純和風のくつろぎ空間。
7つの内湯他、舟形の露天風呂や鐘乳石の露天風呂の10種類のお風呂で、「保湿・保温効果」に大変優れた天然療養温泉をお楽しみ頂けます。

朝・夜 男女時間入れ替えにてご利用頂けます。
 
奇数月 1月・3月・5月・7月・9月・11月
【男性】11:30~24:00、【女性】5:30~10:00
偶数月 2月・4月・6月・8月・10月・12月
【男性】5:30~10:00、【女性】11:30~24:00

アメニティー・設備

br

どうぞ「手ぶら」でお越しください

気兼ねなく温泉をお楽しみ頂くために、以下のアメニティ、設備をご用意致しております。

フェイスタオル、バスタオル、ドライヤー、石鹸、ボディソープ、シャンプー、リンス、綿棒、ヘアブラシ、歯みがきセット(夜のみ)、鍵付きロッカー、マッサージ機(無料)
[女性のみ]シャワーキャップ、化粧落とし、化粧水
[男性のみ]カミソリ

お風呂

遠州絵巻の内湯

大浴場の中央に位置する自慢の浴槽。
「腰かけ湯・旅籠の湯・寝湯・広重の湯」の4種類からなり、遠州絵巻の旅情感をたっぷりと味わえます。
 
広重旅籠の湯

いなさ鍾乳石の湯

岩に囲まれた幻想的な洞窟風呂で、壁面には東海地区最大級を誇る、地元「竜ヶ岩洞」の鐘乳石も設けられています。
通り抜ければ、心地よい風と浜名湖内浦湾の情緒ある景色がお楽しみ頂けます。
※竜ヶ岩洞…2億5千年前の石灰岩地帯に形成された総延長1,000mを超える東海地区最大級の鍾乳洞です。
いなさ鍾乳石の湯

たきや舟

浜名湖独特の伝統漁法のひとつである「たきや漁」で使用されていた和舟スタイルの湯船につかれば、まるで舟遊びをしているような気分が味わえます。
たきや舟

岩盤浴の湯

九州産「SGE鉱石」※の原石を張り込めた浴槽です。
※SGE鉱石…地球エネルギーが1万年の時をかけて作り上げた天然鉱石。マイナスイオンや遠赤外線が細胞を活性化させて、心も体もリフレッシュできます。
岩盤浴の湯

湯上り処

湯上り処には、火照った体を潤すお飲み物と、ご自由にお使いいただけるタオルをご用意しております。
湯上り処
遠州絵巻の湯フロアマップ

天然良質温泉 泉質・適応症

天然療養温泉「九重の湯」

源泉名 堀江城址 水神の湯
当館の西側の敷地内にある「水神の松」の地に湧出した湯量豊富な温泉です。
湯温 26.8℃、液性:pH7.13(中性)
湯量 72t/日
泉質 ナトリウムカルシウム塩化物温泉(食塩泉)、等張性・中性・低温泉
※お子様も安心してご利用頂けます。

【療養温泉とは】
有効成分の基準をクリアして指定された「温泉」を、さらに厳しいふるいにかけ認定される呼称で、医療効果が期待できます。保湿・保温バツグン!皮膚についた塩分が、汗の蒸発を妨げるため、体の中から強く温まります。

※皮膚疾患のあるお客様につきましては、多少刺激がある場合がございますので、予めご了承下さいませ。
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復 など
泉別適応症 きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
※温泉は天然温泉ですが、「昇温循環、一部ろ過加水」をしております。

天然温泉「かんざんじの湯」

源泉名 舘山寺温泉第4温泉源(共同源泉)
湯温 29.0℃
湯量 95t/日
泉質 ナトリウム・カルシウム塩化物強塩温泉
保温・保湿効果が持続し、お肌にもうれしい効果が期待できます。
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、冷え性など
※温泉は天然温泉ですが、「昇温循環、一部ろ過加水」をしております。
事前の予告なく源泉の使用を変更する場合がございます。予めご了承下さいませ。

妊婦さんへ 入浴時の注意点

  • お風呂場はすべりやすくなっていますので、足元には十分注意して下さい。
  • 入浴前は、手足から心臓に近い部分へ順にかけ湯をしましょう。また、入る時も出る時もゆっくりと。
  • 熱いお湯に長時間浸かるのは、妊婦さんの体によくありません。
  • 入浴前後には、水分補給を忘れないようにしましょう。
※妊娠初期と末期の方は、かかりつけのお医者様にご相談下さい。
【ご利用にあたって】
オムツをされたお子様のご入浴はご遠慮いただいておりますので、大浴場に備え付けのベビーバスをご利用下さいませ。
ベストレート宣言 公式ホームページが最安値ベストレート宣言 公式ホームページが最安値
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このページの先頭へ